レッスンについて

レッスンは、わかりやすく、練習が楽しくなることを第一に、年齢や進度に合わせ、丁寧に進めます。自宅での練習は第一ですが、うまく練習できない場合でも、こちらで復習しながら、長くピアノと付き合えるようにしています。
♪レッスンはコミュニケーションを大切に、良い所をほめ、苦手な所の練習が嫌にならないよう、ポイントを示しながら行っています。

ソルフェージュの様子

リズムカード遊びから始めリズムパターンを覚え、聞こえたリズムをカードで並べたり、ノートに書いたり、メロディーにしたものを楽譜に出来るようになります。
リズムカード遊びから始めリズムパターンを覚え、聞こえたリズムをカードで並べたり、ノートに書いたり、メロディーにしたものを楽譜に出来るようになります。
♪子供のレッスン(ベーシック1、2)では、ピアノの練習とともにソルフェージュを入れ、音感を養い、楽譜の読み書きも身に付けながら、音楽の基礎も学びます。1レッスン45分、これは1992年当初から変わりません。(「ベーシッククラス1」年中、年長児は、導入時3ヵ月は30分)
一般的な30分でのレッスンですと、取り掛かりの時間、きちんとしたピアノレッスンをするためには難しいので、45分という枠組みの中で、集中力をみながら、個々にあわせレッスンを行っています。

先週の復習、できたかな?聴かせてね♪

♪講師が必ず曲を聴かせ、新曲へのイメージ、興味を持たせ、家庭での練習ポイントを示しながら練習を楽しくさせること、家での練習が上手くいかなくても、レッスンに来て「わかった!弾けた!」を大切にしています。
勉強とピアノの練習は同じことで、楽譜を見て読み、どこが自分が弾きにくいか、どうすれば簡単に早くマスターできるかを気づき、練習を効率的にできるかを考えさせるようにしています。たとえ間違いがあっても、それをしっかりわかり練習することの積み重ねの大切さを伝えて、レッスンしています。
 

練習して弾けるようになったら、先生とあわせてみよう♪

♪弾く、聴く、歌うことを楽しみながら表現力を高めていきます。音楽を楽しみ、ピアノを好きになることが長続きのコツです。レッスンは、2台のグランドピアノでおこないます。同じ高さの音で生徒さんと講師が弾くことで、正しい音、リズムで弾けているか耳で聴き、講師の添い弾きで音の強弱、ニュアンスを感じ、それぞれの表現力を付けられるようにしています。弾きたい曲もレベルに合わせて取り入れ、生徒用の1台のピアノでの連弾、2台のピアノでのアンサンブルで、家では違う感覚、ソロ演奏だけがピアノではないことを味わい、レッスンに楽しみが持てるよう心がけています。
 

大人のレッスン

♪大人のレッスンは、ピアノの経験の有無を関係なく、趣味、教育関係の方のレッスン、採用試験対策、シルバーの方のレッスンも行っていますので、お気軽に。音大、教育学部受験に関しましては、専門的なお話を伺ったうえでレッスンをお受けするかがありますので、必ずしもお引き受けできるとはできませんので、ご理解下さい。
レッスン楽器は、ヤマハC3(生徒用)、CSⅡセミコンサートグランド(講師用)
音大の付属音楽教室と同じ環境でレッスンすることは、レッスンをきちんと受ける意識、同じ高さで講師が添い弾きをし、耳で確かめられるのに大切です。日本は、音大でもソロで弾くことだけしかせず、オーケストラ楽器であるピアノが、どんな楽器とも合わせられ、またピアノでの連弾、2台のピアノでのアンサンブルを楽しむ経験は、とても大事なことです。こちらでは、導入の段階から連弾、2台ピアノでのレッスンを取り入れ、アンサンブルの楽しさを伝え、耳を作るようにしています。